知らないと損し続けている人生の鉄則vol.258~もめごとが多いとき~

公開日: : 役立ち情報

知らないと損し続けている人生の鉄則vol.258~もめごとが多いとき~

もめごとの多くが、
自分のことばかり主張すること。

相手のことを分かってあげようとしないと、
あたりまえだけど、交わるところがないです。

すなわち揉める!わけです。

人と話すときは、
相手を受け止めなくてもいいから、
受け入れましょう!

否定したりして、
はじき返したりしてはいけません。

スポンサードリンク


これでは、相手は耳を閉じます。

松下幸之助も
「やり方はいくらでもありまっせ!」
と言っています。

100点でなくとも
80点でも、

耳を閉じた、
0点、
もしくはマイナスよりは良い訳です。

相手の意見をまるっきり聞き入れることはないけど、
「なるほど、そう考えるんですね!」
ぐらいの受け入れることは、
人間関係円滑のコツになります。

まず実践してみてください。
大きな効果を感じることでしょう

 

ちょっと一息(^。^)y-.。o○

一日なのに盛りだくさんの企画満載のバスツアー

個人で行くより絶対お徳!

ミステリーツアーは病みつきになるかもね!

ここ⇒http://gspace001.com/url/lnk/club/

スポンサードリンク

関連記事

知らないと損し続けている人生の鉄則vol.216~釘をさす~

知らないと損し続けている人生の鉄則vol.216~釘をさす~ 釘をさすとは、間違いのないように、予め

記事を読む

社長のマスターマインドvol.38~学びと実践のバランス感覚~

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

記事を読む

儲かる人生の鉄則vol.447~無くて七癖~

儲かる人生の鉄則vol.447~無くて七癖~ どんなに素敵な人でも、少なくとも七癖は持っている!

記事を読む

社長のマスターマインドvol.162~正論まかり通らず!~

社長のマスターマインドvol.162~正論まかり通らず!~正論とは、正しい論理です。ですから、常識的

記事を読む

儲かる人生の鉄則vol.502~今が一番早い時~

儲かる人生の鉄則vol.502~今が一番早い時~ 若い時にもっと勉強しておけば! 勉強の重要性や

記事を読む

儲かる人生の鉄則vol.543~自立心~

儲かる人生の鉄則vol.543~自立心~ ふと周りを見てみると、何かに依存していて、そのことに対し

記事を読む

知らないと損し続けている人生の鉄則vol.201 ~できない理由を探さない~

知らないと損し続けている人生の鉄則vol.201~できない理由を探さない~物事をすすめたりしていると

記事を読む

知らないと損し続けている人生の鉄則vol.289~立場が人を育てる!~

知らないと損し続けている人生の鉄則vol.289~立場が人を育てる!~我に七難八苦を与えたまえ!なん

記事を読む

儲かる人生の鉄則vol.427~はじけた瞬間~

儲かる人生の鉄則vol.427~はじけた瞬間~ 最後の一厘に出遭い、見性した瞬間は、 芋づる式に

記事を読む

知らないと損し続けている人生の鉄則vol.327~心と体~

知らないと損し続けている人生の鉄則vol.327~心と体~心は見えず体は見えます。明暗表裏ともいえま

記事を読む

スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサードリンク
絶対外せない資産運用!これで老後は一安心!

実は、資産をたくさん持っている人、いわゆるお金持ちは必ず資産運用を行っ

旅行で開運できる方法

旅行で開運できる方法があります。   それは「吉方旅行」

みんなと一緒は危険

奇跡の経済成長が終わり 終身雇用が崩壊しました。  

見直すべき3つの支払い

支払いを見直すだけで、月々2万円ぐらい節約できました。  

我慢の限界点を見き分けろ

世界保健デーのテーマは「うつ病」 WHOによると、世界のうつ病患者数

→もっと見る

  • スポンサードリンク

  • 励みになりますので、クリックをお願いします!
    ↓↓↓↓↓↓


    人気ブログランキングへ



  • ◆旅行で人生が変わるって知ってました?!◆

    吉方位を取ると人生が好転していきます。
    詳しくはコチラから!

     

  • スポンサードリンク
  • この人は天才です!
    近い将来このようになるのが確信できます。


PAGE TOP ↑